一望百景の成分は目にいいの?

目の疲れやドライアイなど、さまざまな目のトラブルに効果があると言われている、マイケアの一望百景。しかし、その成分についてあまりよくご存じない方も多いかと思います。今回は、一望百景の成分について調べてまとめましたので、ぜひご参考にしてください。

 

そもそも、一望百景の原材料は紅いも、八重山かずら、モズクの3種です。これは沖縄でしか取れない、しかも島外持ち出し禁止の貴重な材料なのです。沖縄のおじいやおばあがいつまでもメガネなしで過ごせるのも、こういった貴重な食材のおかげかもしれませんね。それが一望百景というサプリメントで手軽に取れるのはとてもうれしいものです。

 

一望百景に含まれている成分と効能とは?

一望百景に使われている紅いもには、ブルーベリーに含まれている約4倍ものアントシアニンという成分が含まれています。アントシアニンという成分は、ポリフェノールの一種で、目の疲れを回復させたり、目の機能を改善したりしてくれる目にうれしい成分なのです。

 

次に、一望百景に使われている八重山かずらですが、これはあまり聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。この八重山かずらはルテインという成分を豊富に含んでいます。このルテインという成分は強い抗酸化作用を持ち、「天然のサングラス」とも言われるほど紫外線から目を保護する作用があります。ケールやホウレン草、ブロッコリーにも含まれてはいますが、一望百景に使われている八重山かずらのルテインは段違いに多いのです。

 

そして、最後に一望百景に含まれるモズクの成分です。モズクはモズク酢として、良く食べる方もいらっしゃるかもしれませんね。このモズクに含まれるフコイダンという成分にはさまざまなうれしい効果があるのです。ガンや炎症に抗う効果だけでなく、血管生成促進、免疫増進、代謝亢進など、特に女性にはうれしい効果がたくさんある成分ですよ。モズクに含まれるフコイダンは同じ褐藻類のメカブやワカメとは段違いの量です。

 

目にうれしい成分だけでなく、健康に過ごすための成分もたっぷり含まれている一望百景。この機会に一望百景をぜひ試してみてはいかがでしょうか?