一望百景のルテインの量は?

現代人の目の疲れに寄り添うサプリメント・一望百景。この一望百景の効果を実感している方はなんと89.1%と約9割にものぼります。一望百景に含まれているアントシアニンという成分は聞いたことがあっても、なかなか「ルテイン」という成分については聞き覚えがない方も多いのではないでしょうか?

 

一望百景には八重山かずらという沖縄ならではの食材が原料として使われています。この八重山かずらは防疫上の規制のため、島外に持ち出すことができません。そのため、加工された形のサプリメント・一望百景が最も良い形で摂取できるのではないでしょうか。連日真夏日の沖縄の夏、たっぷりの太陽の光を浴びてたくましく育った八重山かずらは沖縄の夏を代表する野菜なのです。沖縄では、主にお味噌汁の具や雑炊などに混ぜて食されています。

 

 

一望百景に使われている八重山かずらにたっぷり含まれているのがルテインという成分です。ルテインは強い抗酸化作用を持っているカロテノイドの1種です。このルテインは「天然のサングラス」とも呼ばれており、目に最もダメージを与える紫外線の中の青い光を吸収してくれます。これはパソコンやスマートフォンから発されるブルーライトも防御してくれるといわれています。ルテインはほうれん草やブロッコリーなどにも多く含まれているのですが、八重山かずらのルテイン含有量は他の追随を許さないレベルです。ルテインを多く含んでいるというケールの約1.5倍、ほうれん草の約3倍ものルテインを含んでいるというから驚きですね。一望百景には八重山かずらがたっぷり含まれているので、ルテインもしっかり摂れますよ。

 

また、2016年4月から一望百景のルテイン含有量は、5rからなんと4倍の20rになりました。20rはルテイン不足の現代人にも十分すぎるくらいの量です。ほうれん草で換算すると、サラダボウル約6杯分が一望百景たった1粒で摂れるのです。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

一望百景はお試しってあるの?
一望百景のデメリットは?