紫芋に含まれるアントシアニンは効果抜群?


一望百景が目に良いとされている最大の理由は、その原材料と成分にあります。この原材料は「紅芋」と書かれており、その中のポリフェノールの1種であるアントシアニンは目にうれしい成分ということで知られていますよね。

 

しかし、巷で見かける同じような色のお芋は「紫芋」と呼ばれています。これはアントシアニンの量は紅芋とは違うのでしょうか。実は、紅芋は本土の方では流通しておらず、島外不出のお芋なのです。しかし、紅芋はサツマイモとは違い、「大薯(だいじょ)」と呼ばれる沖縄ならではのお芋です。そして、紅芋の別名が紫芋なのです。さらに、サツマイモの1品種である紫芋の別名がなんと紅芋なのです。これでは紫芋と紅芋を混同してしまっても仕方ありませんよね。紫芋や紅芋の区別が人それぞれなのはこのためなのです。

 

この紅芋(紫芋)100gあたりに含まれるアントシアニンはなんと369.1mgです。これはブルーベリー100gの約4倍ものアントシアニン量なのです!

 

この紫芋に含まれるアントシアニンは、抗酸化作用がとても高く、体内で発生する有害な活性酸を抑制します。活性酸素が多くなると、健康な細胞まで活性酸素により傷つけられ、体の中がさびついていってしまいます。これは老化の大きな原因です。これをアントシアニンによって妨げることができます。アントシアニンは目にやさしいだけでなく、老化を遅らせてくれるうれしい効果もあるのですね。また、特に目というのは肌などと違って直接ケアすることがなかなか難しい部位です。気づいた時には目のトラブルを起こしてしまっていることも多いものです。そんなことにならないよう、日ごろから紫芋を使ったサプリメントでたっぷりのアントシアニンを補って、目のケアをしてあげることが大切です。

 

毎日の食事の中でアントシアニンをしっかり摂取するのはとても難しいことです。紫芋に含まれているアントシアニンの量ならば、必要分を補えますので、ぜひ紫芋を使った一望百景のサプリメントを検討してみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事もよく読まれています

一望百景の効果的な飲み方
ブルーベリーと紫芋はどっちが目に効くの?