ブルーベリーと紫芋はどっちが目に効くの?

目が疲れた…目の疲れからか、頭痛や肩こりがひどい…そんな症状にお悩みの方がまず最初に対処として取り入れるのは、ブルーベリーではないでしょうか。パソコンやスマートフォンなど、目を使うことが多い現代人は、目の疲れに悩まされやすいですよね。ブルーベリーならスーパーなどでも手に入りますし、サプリメントもたくさんの種類が販売されています。

 

ブルーベリーの中に含まれているポリフェノールの1種、アントシアニンが目に良いことは広く知られていますよね。アントシアニンはポリフェノールの特徴でもある強い抗酸化作用を持ち、目のトラブルの改善だけでなく、老化防止など女性にも男性にもうれしい効果を得られます。

 

しかし、ブルーベリーだけでなく、最近話題になっている紫芋にもアントシアニンがたくさん含まれているとの情報があります。沖縄でしか栽培されておらず、島外不出の紫芋(紅芋)。もちろん、アントシアニン量が多ければそれだけ効果の方も期待できますよね。では、ブルーベリーと紫芋ではどちらの方がよりアントシアニンの量が多いのでしょうか?

 

紫芋に含まれるアントシアニン量

実は、紫芋に含まれているアントシアニンの量はなんとブルーベリーの約4倍です。知名度としてはまだまだブルーベリーよりも紫芋の方が低いですが、アントシアニン量の差がこえrだけあれば、紫芋を選びたくなりますよね。

 

しかも、ブルーベリーのサプリメントはほとんどが北欧産のブルーベリーを原材料として使っています。チェルノブイリの原発事故を思うと、少し心配になる方もいらっしゃるかもしれませんね。一方、紫芋は国産で、しかも沖縄でしか栽培されていないため、その部分でも安心して口にできますね。

 

そんな紫芋(紅芋)をたっぷり使って作られた、沖縄のおばあとおじいの目に良い食べ物がたっぷり詰まったサプリメントが一望百景です。他のブルーベリーのサプリメントは1日に数粒飲まなければならないのに対し、紫芋を使った一望百景は1日1粒なので続けやすいことも愛される秘密です。

 

この機会にぜひ紫芋の成分たっぷりの一望百景を試してみてはいかがですか?

 

こちらの記事もよく読まれています

一望百景はお試しってあるの?
紅芋と紫芋の違いとは?