北欧産ビルベリーと紫芋はどっちがいいの?


テレビCMや雑誌などでよく取り上げられている北欧産ビルベリー。なんと、ビルベリーに含まれているポリフェノールの1種であるアントシアニンはなんとブルーベリーの3倍にもなるそうです。ビルベリーのサプリメントなどもたくさん販売されており、気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

ビルベリーが話題な一方で、アントシアニンが豊富に含まれている食材がひそかに話題になっていることをご存知ですか?実は、ビルベリー同様テレビなどでも特集されているのですが、あまり認知度は上がっていないようなので、ぜひ知っていただきたいと思います。その食材とは…「紫芋」なのです。

 

紫芋といっても、沖縄でしか取れない「紅芋」というもので、防疫上の規制により島外不出となっているものです。サツマイモとは少し違う、大薯(だいじょ)というお芋になります。とても貴重なお芋なんですね。

 

この紫芋(紅芋)は、なんとブルーベリーの4倍ものアントシアニンを含んでいるのです。北欧産ビルベリーがブルーベリーの3倍ですから、それをも上回るアントシアニンの量を紫芋は持っているのですね。つまり、ビルベリーよりも紫芋の方がアントシアニン量が多いのです。

 

また、ビルベリーと紫芋は産地の違いもあります。紫芋はすべてが国産です。それに対して、ビルベリーは北欧産なので、チェルノブイリ原発事故の影響があると言われている部分もあります。そうしたビルベリーのデメリットを考えていくと、やはり国産の紫芋の方が安心して口にできるのではないでしょうか。

 

しかし、いくらアントシアニンの量が多いとはいえ、どうやって島外不出の紫芋を生活に取り入れればいいのでしょうか?実は、それにぴったりのサプリメントがあるのです。そのサプリメントとは、あちこちで高評価を得ている紫芋をふんだんに使った一望百景というものです。

 

一望百景には他の沖縄の特産品もたっぷり含まれていますので、アントシアニンだけでなく、他にも目にうれしい成分がたくさん入っています。ぜひ生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。一日たった1粒で十分な量が摂れますので、手軽に続けられますよ。

 

こちらの記事もよく読まれています

一望百景のルテインの量は?
一望百景の激安販売店は?