紅芋は目にいいの?


一望百景という新しい目にいいアイケアサプリメントをご存知ですか?今ネットでとても話題になっており、愛用者も続々と増えているサプリメントです。

 

この一望百景が目にいいとされている理由は、その原材料にあります。その原材料とは、「紅芋」です。この紅芋という原材料は、防疫上の規制により、沖縄から持ち出し禁止の特別かつ貴重なお芋なのです。沖縄の強い日差しをたっぷりと浴びて育った紅芋は、たっぷりのアントシアニンと呼ばれるポリフェノールの1種を含んでいます。紅芋に含まれるアントシアニン量はなんとブルーベリーの4倍です。テレビなどで特集を組まれるほど、紅芋は今話題の食べ物なのです。

 

このアントシアニンという成分が目にいいということは、広く知られていますよね。外からお手入れのしにくい目だからこそ、食事でしっかりと目にいいものを摂ってあげたいと思いませんか?とはいえ、目にいいとされる必要十分量のアントシアニンを食事だけで摂ろうと思うと、なかなか難しいものです。だからこそ、紅芋を原材料としているサプリメントが有用なのですね。

 


一望百景の中には、他にも目にいい成分がたくさん入っています。紅芋も沖縄だけの特産品ですが、八重山かづらも一望百景にはふんだんに使用されています。この八重山かづらの中にも目にいいとされるルテインという成分が入っています。これは目の保護・強化効果があるといわれています。

 

さらに、注目のねばねば成分フコイダンもたっぷり入っています。これはフコイダンをたっぷり含んだ琉球もずくが原材料として使われているからです。紅芋の他にも目にいい成分がこんなに入っているなんて驚きですよね。紅芋だけでなく、他の目にいい成分もしっかりとれるのがこの一望百景のいいところです。

 

こうした目にいい成分がたっぷり入っているのに、1日1粒で十分効果が得られるのが一望百景です。この機会に話題の紅芋の効果を試してみませんか?

 

こちらの記事もよく読まれています

一望百景のルテインの量は?
紫芋に含まれるアントシアニンは効果抜群?