紅芋と紫芋の違いとは?


話題のアイケアサプリメント・一望百景。たびたび口コミを目にして、気になっている方も多いのではないでしょうか?そんな一望百景の原材料である「紅芋」とはいったいどのような食物なのでしょうか。今回は「紅芋」に焦点を当てて調べてみました!

 

一望百景は、沖縄県に住んでいる方が視力が衰えないことをヒントに開発された新しいサプリメントです。沖縄県では「紅芋」が普段から食べられており、この紅芋に含まれるポリフェノールの1種、アントシアニンが目に良いとされています。

 

そうはいっても、紅芋はあまり聞き慣れないですよね。紫芋は食べたことがあっても、紅芋は見たことがないという方もいらっしゃるかもしれません。それもそのはず、防疫上の規制のため、紅芋は沖縄島外に出してはならないとされているのです。紫芋は鹿児島でも栽培されていることから、時々スーパーなどでも売られているのを見かけるのですね。

 

ところで、紅芋と紫芋の違いとはいったいなんでしょうか。実は、この紅芋と紫芋は明確な区別がつけられないのです。人によっても意見が分かれてしまいます。

 

有力な説としては、こういったものがあります。紫芋は、紫色をしたサツマイモの品種の1つであり、別名紅芋とも呼ばれています。そして、紅芋は大薯(だいじょ)のことで、沖縄で有名なお芋であり、別名紫芋とも呼ばれています。このように、紅芋も紫芋もほとんど区別がつかない状態なのですね。別名でどっちも同じように呼ばれてしまうため、より混同しやすいのかもしれません。紛らわしいですね…。

 

紅芋も実際に見てみると、紫色に近い色をしています。同じお芋であっても、見る人によって紅芋、紫芋の判断はそれぞれです。そのため、あまり違いはないと言えるかもしれません。

 

一望百景に含まれているのは、沖縄の「紅芋」の方で、紫芋ではないそうです。サツマイモではなく、大薯(だいじょ)であるということがポイントかもしれませんね。

 

こちらの記事もよく読まれています

北欧産ビルベリーと紫芋はどっちがいいの?
一望百景はお試しってあるの?